年収1/3以上

年収1/3以上の借入ができないって嘘?本当?

プロミス年収の1/3以上借入でも銀行カードローンなら可能!

woman

総量規制により借入額が年収1/3を超えて困っている方へ。

 

カードローンは消費者金融と銀行カードローンの2種類があります。

 

平成22年6月18日から総量規制(貸しすぎ借りすぎを防ぐ法律)により、
『消費者金融』に対し、貸出額の総量を年収の1/3に押さえるよう貸金業法が改正されました。
しかし、その法律は銀行カードローンを規制対象としていません。
つまり、銀行カードローンは年収1/3以上でも借入ができるのです。

 

【 銀行カードローンを選ぶ 3つのポイント ! 】

 

point1大手銀行カードローンである
大手の銀行なら対応が丁寧で安心安全です。
point2即日借入ができる
最短30分の審査で急な出費にも対応できます。
point3WEB申込みができる
店頭に行かなくても、いつでも自宅から簡単にお申込ができます。

 

借入金額によっては収入証明書が不要!身分証明書のみでOKなところもあります!

 

おすすめの銀行カードローンをランキングでご紹介しております!
まずは下記リンクをクリックしてみて下さい!

 

おすすめ銀行カードローンのランキングをチェック!

arrow年収1/3以上の借入ができる 銀行カードローンはこちら!

夜間の審査はしてないの? プロミスに申込んでみましたが、審査の結果は、翌朝、9時ぐらいでした。 最短30分という説明があったので、スピード感のある審査を期待していましたが、どうやら夜間の審査はしていないようです。 しかし、緊急にお金が必要だったわけではないので、必要な時間までに間に合わせることはできました。 決まった限度額については、自分の場合は40万円でしたが、十分すぎる金額だと思います。 これからプロミスに申込む方は、早めに審査を始めてもらった方がいいですね。 収入証明書不要カードローンをご利用を検討しているならこちらをご覧下さい! 勤続年数3ヶ月でも借りれた! カードローンの説明を読んでいると、勤続年数は「最低でも1年」などとありますが、私の場合は、勤続年数3ヶ月で借りれました。 もちろん、勤続年数でウソは書かず、ありのままを伝えたので、勤続年数の長さは、あまり影響しないのかもしれませんね! 金額は、限度額20万円と少ないですが、「カードが作れるかどうか?」だけなら、もしかすると1ヶ月〜2ヶ月でもいけるかも知れないですね! とにかく、アコムを利用できるようになったので、良かったと思います! 即日融資で借りれて本当に助かった話 私は現在30代の男性です。先日、会社の同僚から前から欲しかった車を現金で譲るという話をいただきました。前から欲しかった車で、しかもまたとないチャンスだったのですが、貯金だけでは金額が足りません。 そこで、テレビCMでもよく見かけるプロミスを利用することにしました。キャッシングは初めてだったのですが、審査もスムーズで1時間もかからないうちに、10万円を借り入れることができました。 プロミスは大手だったので、安心して利用することができ良かったです。 私たちが生活していく中では、予想もしない急な出費が必要な場面に出くわしてしまうのも珍しいことではありません。そのような時に限って手持ちの現金がなかったり、銀行の口座の残高が少なかったりするものです。 予想のつかない出来事の代表例としてお葬式があります。人間の寿命というものは私たちには予想などすることは出来ず、その日は突然訪れます。もしも亡くなられた人が自分と近い関係や親しい関係であった場合、顔を出さないわけにはいきません。その時に手ぶらで出かけるのは気が引けるものです。 お葬式などの急な出費の時はアコムで安心 お葬式などの急な出費の時には、お金を借りるのに時間のかかる銀行よりもアコムが便利です。忙しい最中、わざわざキャッシングの手続きに店頭にまで足を運んでいる時間はないと思う人もいるかもしれませんが、アコムならそのような心配はいりません。携帯電話やパソコンなどのネットにつながる環境さえあれば、二十四時間いつでもキャッシングのサービスを利用できるからです。申し込みから振込みまでのすべてがネット上で完結するので、急な出費の時はアコムのキャッシングサービスを利用してみてはいかがでしょうか。 年収1/3以上借りるには? カードローンの利用にあたっては、貸金業法の「総量規制」を理解しておく必要があります。 総量規制は、多重債務者の対策の一つとして加えられた規制で、「年収1/3を超える融資をしてはいけない」というものです。 ここでは、総量規制の影響の大きさと、年収1/3以上の融資を受けるための方法についてご紹介します。 ■総量規制の影響とは? 総量規制が大きく影響するのは、年収の少ないフリーターや学生、あるいは、専業主婦などになります。 消費者金融やクレジット会社、信販会社からのキャッシング(ショッピングを除く)の合計が年収1/3までで、それを超える融資ができない仕組みとなっているからです。 たとえば、月に5万円のパート収入がある方なら、年間60万円の収入になりますので、消費者金融から借りられるのは、 60万円×1/3=20万円 までとなります。 ■専業主婦の方は総量規制に気をつけて! ここで、専業主婦の方は、「自分は年収がないけど、どうなるの?」と思われるかもしれません。 専業主婦の場合は、残念ながら年収0円の1/3、つまり、1円の融資も受けられないことになっています。 総量規制の例外規定によって、配偶者の同意を得た融資もありますが、その融資をしている消費者金融は、まずないと考えたほうがいいでしょう。 ■総量規制対象外のカードローンとは? 専業主婦や年収1/3を超える融資を受けたいという方は、総量規制の影響を受けない「銀行カードローン」に申込んでください。 総量規制は、消費者金融や信販会社、クレジット会社などを規制するもので、銀行のローンを規制するものではありません。 そのため、年収1/3以上の融資が必要なときは、必然的に銀行のサービスの中から選ばざるを得ないことになります。 また、バンクイックやみずほ銀行カードローン、新生銀行レイクのように、専業主婦への融資をしているケースもありますが、限度額に制限があることがありますので注意するようにしてください。